そもそも、不調の原因とは?

そもそも、不調の根本的な原因とは?

不調の原因イラスト

不調は、筋力の低下と身体の歪みが原因で起こります。

腰や膝、股関節の不調は、症状が出ている部位だけが原因ではありません。

その痛みやシビレは、日常生活における身体の使い方のくせが、骨格を歪ませ、筋肉に負担をかけることが原因で起こっているのです。

骨格の歪みと筋力の低下の原因には、

  • 歩き方、座り方、どちらか一方に体重をかけたり、足を組むなど、日常生活でのくせ
  • 移動は車、階段は使わないなどの運動不足(移動は車ばかりで、階段を使わないなど、運動不足になっている
  • 同じ姿勢を長時間続ける(デスクワーク、スマホやパソコンの見過ぎなど)
  • 産後、骨盤をゆるみを放置したままの育児(お子様の抱っこや無理な姿勢など)

が考えられます。

しかし、どの部分の筋力が落ち、身体が歪んでいるかは人によって違います。
例えば同じ「腰痛」であっても、

・足関節の捻挫をきっかけに、身体のバランスが崩れ、腰椎の神経が圧迫された
・デスクワークにより股関節の可動域制限がかかり、腰部に負担がかかった

など原因はさまざまです。

不調が起こる流れイラスト

当院では、身体のどの部分に筋力低下・歪みが生じて不調が起こっているのか、しっかり見極めたうえで原因を解消していくことが重要だと考えています。

そうすることで、再発しない身体づくりをするだけでなく、不調を改善に導くことができるのです。